刺激物は便秘と下痢になります

工藤総体療術院

〒732-0828 広島県広島市南区京橋町8-3フローラ京橋405

[ 営業時間 ] 9:00~18:00 [ 営業日 ] 金・土・日

刺激物は便秘と下痢になります

工藤総体療術院ブログ

2018/02/27 刺激物は便秘と下痢になります

今日は刺激物の話を書きます。
刺激物とは胃腸に負担をあたえる食べ物、飲み物の事です。胃腸に刺激をあたえると便秘や下痢になります。
大腸の弱い人は便秘になり、小腸の弱い人は下痢になります。
そんな人にオススメは刺激物を食べて不調を感じた時は一食抜いて食べないのが一番理想です。
私もカレーやキムチを食べると直ぐトイレに行きます。
そのような事が続くと身体の水分が取れなくなり喉が渇いたり唇が乾きます。唇が切れたりする口角炎は大腸の機能低下状態です。大腸が乾燥するとひどい場合は出血します。 その出血便は黒い便になります。栄養が身体から出てしまっている証拠です。また身体の変化は首から上の目・鼻・喉・口・耳に出ます。小腸の熱はアゴの周辺の吹出物になり大腸の機能低下状態はひたいの吹出物になります。身体は不思議ですが全てに関係しています。だから胃腸の状態は大事なんです。皆さんも食べ物、飲み物には気をつけて下さいね。
ご飯、味噌汁、白身の魚、大根、ごぼう根菜などの粗食中心が大事。
ニンニク、ニラは刺激物になります。
また外食はお酒、みりんの刺激物を大量に入れています。だから食べ物によってはお腹が下るのです。

飲み物はお酒、コーヒー、コーラ類の炭酸も刺激物になります。まだまだありますが今日はこのあたりで。

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

工藤総体療術院

【住所】
〒732-0828
広島県広島市南区京橋町8-3
フローラ京橋405

【電話番号】
082-263-8822

【営業時間】
9:00〜17:00

【定休日】
火曜日

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP